Welcome to the Sayanokuni★

さやのくにへようこそ☆43歳のんびり子育て、オススメグッズなんかを気ままに綴っています☆

【スポンサーリンク】

孤高のメス滝沢秀明最後のドラマは見ておくべき!タッキーも仲村トオルも素敵すぎです!1話〜3話感想まとめ。

WOWOWドラマ『孤高のメス』 を見逃すな!!

タッキーこと滝沢秀明さんが、引退をしてプロデューサー?として裏方に回ると決まった時には、勿体無い・・・と思ってしまった私。

1度だけ目の前で見たことがありますが、本当に美しいとしか言いようがないお顔立ちでした。

でも、SMAPの解散、タッキーの引退、渋谷すばるさんの退社、最近では嵐の活動休止とどうなるジャニーズ事務所!?と思ってしまう中、滝沢秀明さんがこのドラマを最後にしたのは有終の美を飾ることとなるのではないかと思える程、物語や役どころも最高傑作と言っても過言じゃないじゃないかな。

『孤高のメス』なんだか、今のジャニーズ事務所に必要な存在な感じがしますね。

タッキーだけでなく、仲村トオルさんとのタッグも本当に素敵なんですよね。

こんな素敵な医師がいたら、見てみたい!!と思ってしまいますから。

1話〜3話を見た感想をまとめます。

[まとめ買い] 孤高のメス

[まとめ買い] 孤高のメス

 

どんなキャストが出ているの?気になる演技力は?

第1外科医長・当麻鉄彦役→滝沢秀明さん
外科医・実川剛役→仲村トオルさん
とにかく、この二人の医師が日本の医療の発展に立ち向かいます。

この二人の前に立ちはだかる役が、

第2外科医長・野本六郎役→宮川一朗太さん。

とにかく、とにかく、嫌なヤツ役で、外科の腕もびっくりするほど下手くそ。

それが、本当に上手い演技なんですよね。

外科医・青木隆三役→工藤阿須加さん。

彼は、純粋に当麻先生(滝沢秀明さん)を慕う若手医師役で、これもまた適役!

滝沢秀明さんも仲村トオルさんも工藤阿須加さんも、なんだろうな、皆さん演技も俺が俺が!!って感じじゃないというか、この物語の中で生きている感じがするというか。

見ていて吸い込まれる感じがするんですよね。

目に優しい感じですね。

紅一点、ヒロイン役も素敵です。

手術室看護婦・大川翔子役→山本美月さん。

当麻先生(滝沢秀明さん)に密かに想いを寄せている感じも、可愛いんです。

石丸幹二さん、長塚京三さん、利重剛さん、本田博太郎さん、六平直政さんという、全て演技力抜群のベテラン勢が集結しています。

タッキーの方言、物語の時代背景も面白い!

臓器移植がタブー視されていた1980年代後半が時代背景です。

なので、髪型もこの年代の髪型。

黒電話で、会話をしていたり、車も昔こんな形のあったな〜と、とにかくありとあらゆるものが、昔です。

1980年って、そんな時代だったんだなって、面白くみられます。

そして、タッキーの方言も面白い。

黒電話で、母親と会話をする時は、熊本弁になります。

これも、なんだか、あんまり似合わない感じが可愛い(笑)

感想まとめ

もう見られなくなるんだなと思うととにかく見たくなって見ています。

爽やかでいて、それで尚且つ、控えめ、そして時に熱くなる場面もあり、滝沢秀明さんが全力で挑んでいるんじゃないかなって思うドラマです。

滝沢秀明さんのファンの方は勿論こぞって見ているのかもしれませんが、そうじゃない方にも、本当におすすめのドラマです。

WOWOWドラマは、比較的内容が重めのお話が多いですが、演技力が抜群な方々が集結しています。

この『孤高のメス』は全8話。

 次は第4話。あ〜、これ見たら残り半分なんだ〜。

なんだか、寂しい感じもするな。

WOWOWのInstagramもおすすめです。

タッキーも出ています。ジャニーズは、最近SNSやドラマ公式HPにも画像を提供しだしているような・・・

ちょっと、対応が遅かったよね。

SMAP解散、滝沢秀明さん引退、嵐活動休止とまでくると、なんだか一つの時代が終わった感じがしますね。

次世代のアイドルをタッキーには作ってもらいたいものです。

少々話が脱線してしまいましたが、物語自体がとにかく熱く、日本の医療発展を表していて、見どころがいっぱいです。

早く次が見たい!

WOWOW_新規申込

あらすじ

第1話

臓器移植がタブー視されていた1980年代後半、医療先進国アメリカで研鑽を積んだ外科医・当麻鉄彦(滝沢秀明)。帰国後、地域医療の発展が必要だと考える当麻は昔の先輩である島田光治(石丸幹二)が院長を務める地方の民間病院・甦生記念病院で働き始める。そのころ、近江大学医学部付属病院では実川剛(仲村トオル)を助教授として迎え入れていた。当麻と実川は日本で肝移植を定着させようと、ともに道を歩み始める……。

第2話

甦生記念病院第二外科医長・野本六郎(宮川一朗太)のミスをリカバリーするため手術を執刀することになった実川。術中、手際の悪い野本を見かね当麻との交替を命じる。そして当麻の実力を確信した実川は近江大学医学部付属病院教授の卜部太造(利重剛)にある提案をする。数日後、甦生記念病院に、交通事故に遭った、食堂で働く中村キヨ(鷲尾真知子)が運び込まれてくる。当麻は肝移植をすれば彼女を救えると主張するのだが……。

第3話

当麻は同じ病院に勤める看護婦・大川翔子(山本美月)に頼まれ彼女の父であり湖水町の町長・大川松男(長塚京三)を往診する。一方、近江大学医学部付属病院では先天性胆道閉鎖症である7歳の少年・空也が生死の境をさまよっていた。彼を助けるためには生体肝移植が必要と考える実川は卜部に許可を求める。しかし卜部は時期尚早と難色を示す。

WOWOW公式HPよりあらすじ引用 

 

【スポンサーリンク】