Welcome to the Sayanokuni★

さやのくにへようこそ☆43歳のんびり子育て、オススメグッズなんかを気ままに綴っています☆

【スポンサーリンク】

孤高のメス第4話滝沢秀明の男泣き!救う命と親の死との間で・・・感想まとめ。

 日曜日の夜は、『3A』『グッド・ワイフ』『孤高のメス』という3大見たいドラマが集結しています。

時間的には、オンタイムでほぼほぼ全部観られるんですが、子供が寝てからとなるとなかなかそれは、無理。

子育て主婦の夕方から10時は、激動の時間であり、そして、その時間が子供とのふれあいに大事な時間なんですよね〜。

一つのドラマを見て、他は録画で後日鑑賞してになるんですが・・・

じゃあ、どれをオンタイムで観ようかと思うと、昨夜は、『孤高のメス』でした。次が待ちきれない!

 タッキーの爽やかな笑顔も素敵ですが、男泣きする姿もまた素敵でしたね〜。

 第4話感想まとめます。

孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)

孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)

 

救う命と親の死との間で挑むオペシーンが最高!

日本初の生体肝移植手術当日。

実はその日は、当麻(滝沢秀明さん)は実家に帰り母の様子を見るつもりだった。しかし、患者の様態が悪化し、一日手術が早まった。

当麻(滝沢秀明さん)は、手術を優先し、母の事は心配になりつつも、実家に帰るのを後回しに。

手術中、熊本から母危篤の連絡が来ます。

実川(仲村トオルさん)は、当麻が担当する重要な部分が終わると後は俺に任せて、お母さんの元へ行くよう促します。

自分は、その後まだ何時間もかかる手術を抱えながら交代し、日本初の生体肝移植手術を成功させます。

この二人のやりとりも、感動です!!

当麻は、急いで熊本へ帰るも、母の死に目には会えず、男泣きします。

最後に母と話した言葉は、

私の事よりも、患者さんのために尽くしなさい・・・

その言葉を胸に、当麻はまた医療現場へと戻るのでした。

第4話、かなり見どころです。

お母さんの命、救いたかったはずだもんね。

泣き崩れるタッキーの姿、この目にしかと残しました!!

仲村トオルさんと工藤阿須加さんの演技も最高です。

何と言っても、このドラマで活躍する実川(仲村トオルさん)と、当麻(滝沢秀明さん)を慕う青木(工藤阿須加さん)の俳優陣のハーモニーと申しましょうか、魅了されます。

実川の想いと、青木のまっすぐな目、そして当麻の控えめでいてまっすぐな志が、見ていて心が癒やされます。

小説も読んでみたくなりました。

この3人はどう描かれているのか興味があります。

孤高のメスという題名から、一人の天才医師の物語なのかと思いましたが、それぞれが高い志を持った医師という感じで、とてもおもしろいです。

仲村トオルさん、工藤阿須加さんは、家売るオンナでもタッグを組んでいます。

ここでは、全くそれを感じさせないのが、素晴らしい!!

今家売るオンナの逆襲も同じ時期に放送されているので、両方観ると、面白いですよ。

俳優さんって、凄いなって思います。

感想まとめ

WOWOWドラマは、結構暗く、残虐だったり、エロかったり、エグい内容も多いんです。この孤高のメスは違います。

原作は作家であり、先駆的医療に取り組み医学界の歴史に残る執刀を含む6000以上もの手術を手掛け、現在は淡路島の診療所で地域医療と向き合っている現役の医師・大鐘稔彦氏が書いたもの。

しっかりとした原作があるので、映像にブレがないように思います。

元々WOWOWの連続ドラマWはすきですが、タッキー引退最後のドラマという事で、このドラマは見ておきたいいなと思って見始めましたが、これは面白いです。

孤高のメスは、堤真一さんが前に演じていて、確かに観たんですが、どんなんだったっけ?って感じで、もう忘れてしまいました(笑)

孤高のメス [DVD]

孤高のメス [DVD]

 

このドラマが見終わったら、また観てみようかな。

そうそう、この記憶があったので、タッキーだとなんだか若々しすぎるんじゃ?と思っていましたが、見始めると、馴染んでいます。

タッキー、良い年のとり方してるなって。

その眼差しと、当麻の志がリンクします!

 

私はいつもスマホでWOWOWのドラマを見ています。どこでも見られるし、隙間時間も有効に使えますよ〜。『孤高のメス』の他に、最近だとコールド・ケース2もおすすめです。1話完結型なので、2から観ても、問題なく物語を楽しめます。タッキー引退後の今!孤高のメスは激アツです!放送日が過ぎても、一定期間、オンデマンドで第1話から観られます。視聴期間が過ぎても、人気が高いものは、少し立てばまた観られたりするので、見逃しても安心です。有料だけど、おすすめです。

WOWOW_新規申込

あらすじ

第4話

いよいよ日本初の生体肝移植手術当日。ドナーの手術を頼まれた当麻が助手を務める外科医・青木隆三(工藤阿須加)とともに近江大学医学部付属病院へ向かおうとしたとき、当麻の母親が倒れたと熊本から電話が入り……。そのころ同病院では、優秀な実川のことが気に食わない野本のリークにより情報をつかんだ京阪新聞の記者・上坂喜一(三浦誠己)が押し掛けていた。

次回第5話予告

肝硬変が進行し予断を許さない状態の大川。唯一救える手段として肝移植しかないと訴える当麻に対し、「自分が助かるために人の死を望むような生き方をしたくない」と大川は拒否。しかし、どうしても父親を助けたい翔子は当麻にドナーを申し入れる。一方、日本初の生体肝手術を終え、ドナーである父親が順調に回復する中、さまざまな拒絶反応を起こす空也。実川は、連日マスコミに追いかけられ責任を問われていた。

WOWOW孤高のメス公式HPあらすじより抜粋

【スポンサーリンク】