Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

ハロー張りネズミ第1話 瑛太太ってもかっこいいわ〜山口智子ロンバケ色抜けたね〜。公式HPにロケ地公開!!これは凄い!

【スポンサーリンク】

ハロー張りネズミ 第1話 「代理娘」

このドラマを見て、主演の瑛太さんお太りになられたな〜と思ったものの、

やっぱりかっこいいです!!

役どころとマッチしています!

最高の離婚でも、なんでこの人が演じると、かっこよさがかき消される程变化するんだろう!!と言わずにはいられない程の演技を見せて貰いました。

あの時の、瑛太さんの歌声が忘れられない程、綺麗で上手だったのですが、、

今回のリンダリンダは、役どころとして外しまくった歌に仕上げていて、

まともに歌ったの聞きたい!!って思いました(笑)

そして、公式HPの力の入れように、驚きました!!

あれこれ、まとめます!

f:id:sayanokuni:20170714233600j:image

 公式HPのトップの絵面なんですが、

大体1パターンなのに、このドラマは3パターンあるのです!!

 

その1

原作 弘兼憲史さん描き下ろし

このコマ通りに、絵面が変わります!

弘兼憲史さんといえば!島耕作ですよね〜。

f:id:sayanokuni:20170714235103p:plain

 

その2

瑛太さん率いる、ドラマ版ハロー張りネズミチームの構図

f:id:sayanokuni:20170714235105p:plain

 

その3

ハリネズミバージョン

f:id:sayanokuni:20170714235106p:plain

これだけ、力が入っているトップ画面今までありません!!

見ていてとても楽しいです!

 

そして、なんと!!

ロケ地も事細かく!!公開しているんです!!

ロケ地をこんなにも、惜しげもなく公開している事は、

まずないんです!!

これは、やられたわ〜。

f:id:sayanokuni:20170714235107p:plain

 

そして、瑛太さん撮り下ろしの写真館

ゴロー写真館

の写真が素敵すぎ!!

 

リバースの時に、市原隼人さんが写真を毎回アップしてて、その時も毎回楽しみに見ていたのですが、、

また、当たり前なんですが、、

人が違えばこんなにも、写真の世界は変わるんだ〜と思える程、

瑛太さんの写真!素敵です!

白黒写真なのに、、やらかいんです!

なんだか、素の笑顔を引き出す力があるんだろうな〜って思います!

 

今回のゲスト 伊藤淳史さんとのツーショット。

伊藤淳史さんは、今季ドラマ「脳にスマホが埋められた!」で、

主演をされているにも関わらず、ハロー張りネズミでゲスト出演していて、

これまた凄いですね!

f:id:sayanokuni:20170714235104p:plain

このドラマの脚本は、大根仁監督。

彼の作品「バクマン」は、何度みても感動し、大好きな映画。

瑛太さんとは、まほろ駅前番外地でタッグを組んでいることもあり、

このハロー張りネズミも、どう表現されていくのか、

楽しみです!!
f:id:sayanokuni:20170714233646j:image

はい、一言!!

可愛い!!

深キョン、可愛すぎですね〜!

この言葉以外見つからないので、あえてこれだけにします。

2話目以降から掘り下げよ〜。
f:id:sayanokuni:20170714233701j:image

そして、山口智子さんの所長役。

深いね〜。

深い台詞来るね〜。

前回の出演の「心がポキっとね」では、ひっさびさのドラマ出演なのに、ウエディングドレスで走らせ、ロンバケか!と何年もたってそれ使うのしんどそ〜と思ったけど、

今回は、ようやくロンバケ色抜け、大人の女優の貫禄がつくと思います!

やりきってくれ!!と、応援せずにはいられない!!
f:id:sayanokuni:20170714233712j:image

個人的に、伊藤淳史さんの奥さん役をやられていた安藤聖さんの演技が、

本当に上手い!と思いました!!

本当に痛々しく、本当に最後の瞬間を思わせました。

私が死ぬ間際の演技で凄いなと思ったのは、三國連太郎さん以来です。

f:id:sayanokuni:20170715005119p:plain

第2話!

楽しみにしております👋

 

第2話あらすじ
f:id:sayanokuni:20170714235108p:plain
ある日、「あかつか探偵事務所」を一人の女性が訪ねてきた。ゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)が依頼内容を聞くと、四俵蘭子(深田恭子)と名乗る女性は、25年前の新聞記事を手渡した。

そこには「サンダー貿易副社長・自殺」の記事が。

副社長が飛び降り自殺したという報道だが、本当は殺されたと主張する蘭子は、殺された四俵乙吉(平田満)は自分の父だという。

ただならない依頼だと感じ取ったかほる(山口智子)は、全てを聞かずに蘭子の話を遮り断ってしまう。
失意に暮れて商店街を駅へと戻る蘭子だったが、その蘭子をゴローが呼び止める。

「困っている美人は放っておけない」というゴローは、蘭子から25年前に起こった事件のあらましを聞く。

それは、サンダー貿易の贈収賄および詐欺事件に関することだった。

なぜ蘭子の父・乙吉は殺されなければならなかったのか!?

そんな中、ゴローと蘭子は南(リリー・フランキー)という男と接触する……。


【スポンサーリンク】