Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

ごめん、愛してる第6話振り返る、振り返る、振り返る!が可愛すぎる吉岡里帆 律死んで心臓移植でしょうね・・もう、しんどいわ〜。

ごめん、愛してる 第6話

別れた後すぐ、振り返る、振り返る、振り返ると律(長瀬智也さん)が振り返ってくれる事を念じる凜華(吉岡里帆さん)。そして、振り返る律に、うっれし〜かっわい〜笑顔を見せる凜華。その姿が、可愛すぎました!!

海で、過ごす二人の姿も、可愛すぎですね!

そして、塔子(大西礼芳さん)を心配するサトル(坂口健太郎さん)も、

可愛すぎ!!このドラマ、この二人の可愛さ持ちと、長瀬智也さんのかっこ良さで、持っているようなもんです。

物語は、正直、昼ドラ枠だわ・・

この先は、今まで溜めた毒を吐きますんで、

この物語を全部好きな方は、進まないでください^^;

※公式インスタグラムの画像を引用

f:id:sayanokuni:20170820230940p:plain

 間違いなく、律(長瀬智也さん)は死ぬんでしょう・・

そして、第6話でサトル(坂口健太郎さん)が事故をして、予告で、心臓移植をしないと、生きられないと宣告されるようだ・・

二人は、兄弟・・

もうお分かりですよね。

最後、律からサトルに心臓移植なんじゃないでしょうか・・

原作ドラマ見てないから、違ってたらごめんなさい。

 

その前に、音楽界のドンと天才ピアニストの不倫で産まれた子供が、律なんだけど、

捨てられた子供とは言え、音楽の才能、遺伝子的な事は、一ミリもないのかいな。

 

かろうじて、記憶喪失にならなかったことは、良かったけれど。

 

今回も、塔子の父親の死ぬ前に、涙を流すシーンや、その義父に必死に語りかけるサトルや、母親を心配するサトルも、異常に尊両親的すぎやしませんか?

律とサトルと凜華、塔子の恋愛モードが、親子モードが強すぎで、ぼやけます。

 

もう、正直しんどいです。

物語の古臭さに見るのを辞めてしまおうかと思い始めていますが・・

長瀬智也さんや、坂口健太郎さん、吉岡里帆さん、池脇千鶴さん、大竹しのぶさんと、実力ある俳優さんが勢揃いの演技を見ていたい。

ドラマ大大大好きな私は、中盤まで見て、こんな想いになることは、

ここ近年なかったのです。

それは、視聴率とは関係ありません。

低かろうが、良いと思った物は、楽しく見ています。

 

物語も感動して大好きで見ている方は、ごめんなさい。

おばちゃんの戯言だと、

未読スルーしてくださいね。

 

魔王や、銭の戦争も韓国ドラマのリメイクですが、

本当に面白くて、終わってしまうのが寂しかった位で、

韓国ドラマのリメイクがだめって事ではないと思います。

 

見逃し配信も、U-NEXT!

 ドラマ観るなら<U-NEXT>

 

 

もう、尊母、父的な表現は、いらないです。

もう、捨てて死産とまで、言い切った母が、息子よごめんと

泣いて抱きしめあって和解も、いらないです。

現代の日本で、子供を捨てたらニュースでしょ!!

不倫で隠し子だったら、バッシングの嵐でしょ!!

あんなに金持ちの息子が、婚約者の父親の事知らないわけないでしょ!!

韓国のマフィアにいたのに、簡単に抜けて日本に来られるわけないでしょ!!

頭の中の弾丸、手術しないんですか??

日本ならできるでしょうが!!

はあーーーーー!!もう、言うたりました!!

今までも、すんごい思ってましたけども、やっぱり、ツッコミたくなりましたわ。

ふ〜、こんなに、大好きなドラマで毒づいたの初めてだわ。

 

だいぶスッキリしました。

 

次回は、ようやく恋愛モード突入です。

サトルがついに凜華の事が好きだと気が付き、動きはじめます。

凜華は、律の事が好きだと自覚した直後に、サトルからの告白とキス。

さあ、凜華の心は揺れ動くのでしょうか!?

 

次回も、綺麗なキスシーンでしょう!!そこは、本当に、綺麗だと思ってます!

 

次回 第7話 あらすじ

※公式HP予告から画像を引用

f:id:sayanokuni:20170820230944p:plain

※公式HP予告から画像を引用

f:id:sayanokuni:20170820230945p:plain

交通事故を起こし生死を彷徨うサトル(坂口健太郎)。

取り乱した麗子(大竹しのぶ)は理不尽にもサトルの運転手である律(長瀬智也)を責め立てる。

そして、サトルが事故を起こした時間に律と一緒にいた凜華(吉岡里帆)は、サトルから救いを求める着信に気付いてあげられなかったことに自責の念を抱く。

その後、サトルの意識は戻るものの、医師からは将来的に心臓移植の必要性がある事を告げられる。
 麗子からサトルの傍にいるように言い付けられた凜華は、必要とされることに喜びを抱く反面、律への思いは膨らむばかりだった。

そんな中、律は医師から銃弾を受けた脳の症状が悪化していると診断され…。
 

 

 【LINE MUSIC】Androidをご利用の方はコチラ

 【LINE MUSIC】iPhoneをご利用の方はコチラ

【スポンサーリンク】