Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

刑事ゆがみ第8話神木隆之介✕市川由衣ほっぺにチュー!予告でチューチュートレイン!笑ったわ〜。

刑事ゆがみ 第8話

羽生(神木隆之介さん)は、童貞の上に、キスもまだした事がなかった!

あ〜、可愛すぎですね。実際は、そんな事はないでしょうが、そんな風に見えてしまう、神木隆之介さん(笑)

今回のゲスト市川由衣さんが演じるシングルマザーに、童貞には、刺激が強いからと、ほっぺにチューされた時のリアクションが、本当にうまいですよね。

そうかと思うと、バイクから降りて、メットを脱ぐと、大人びた表情を見せたり!

振り幅が広いんですよね!!

あぁ、神木隆之介さんフリークですな(笑)

感想まとめます。

f:id:sayanokuni:20171130234754p:plain

出典:刑事ゆがみ公式HPあらすじ画像

http://www.fujitv.co.jp/yugami/story/index.html 

 猿渡愛実(市川由衣さん)が住んでいたアパートなんですが、本当よく使われます。

『Nのために』で、榮倉奈々さん、賀来賢人さん、小出恵介さんが演じている人達が住んでいるアパートとしても登場していましたし、『ごめん、愛している』で、長瀬智也さんと、池脇千鶴さん、息子役の魚が住んているアパートも、今日出てきたアパートです。結構使い勝手が良いんでしょうね。

コの字型のアパートで、2階へ行く階段が特徴的です! 

 

 今回出てきた、マツリダヤッホイって、小学生の子供に馬券をあげてた時に、書かれていた馬名で、ちゃんと、辻褄を合わせています!

その、名馬が亡くなり、まつりだわっほいがレース出場している設定になってます。

このドラマの細かすぎるいろいろな設定が、見逃すまい!

と楽しみでしょうがないです(笑)

 

今回使われた、トゥインクルレースの感じが、良いです!

私、中山競馬場と東京競馬場は行ったことはあるんですが、

川崎のトゥインクルレースだけは、やったことはないから、

一度でいいから行ってみたいです。

夜のレースは、盛り上がるらしいです!

だから、二人がドラマの撮影設定ではありましたが、

馬が走る姿もちゃんと写していたし、私もワクワクしました!

この二人の掛け合いが、あと2回で終わりなんて !!

話は、ぐっと来るんだけど、二人の掛け合い、稲森いずみさんの回し蹴り、いや、もう飛び蹴りですね!毎回笑えるし、泣けるし、今から淋しくなってます。

 

次回予告では、浅野忠信さん、神木隆之介さん、稲森いずみさん、仁科貴さん、橋本淳さんがチューチュートレインダンスしてたのが、笑えた〜!

予告に、こんな俳優陣総出で笑わせてくれるって、なかなかないですよ!!

 

このドラマ、相棒シリーズみたいに、

シリーズ化してくれないかな〜。

大枠はありますが、大体1話完結型だし、途中から見ても楽しいし、

見やすいですよね。

シリーズ化求む!!です!!

 

 刑事ゆがみを観るなら【FOD】

 

次回 第9話 あらすじ

資産家の元医師が自宅で変死体となって発見され、弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らは現場へと急行する。被害者の薮田恒男(渡辺哲)は、熱湯が張られた風呂の中で、体に無数の傷やあざをつけられるという異様な方法で殺されていた。屋敷内の金庫の中身や高価な美術品は盗まれておらず、薮田の上着から「積年の恨み、ここに晴らす」と書かれたノートの切れ端が見つかっていたことからも、怨恨の線で捜査は進む。薮田家に通う家政婦で、死体の第一発見者でもある石崎春菜(二階堂ふみ)によれば、薮田は随分前に妻の波江(仁科亜季子)とも別れ、息子もすでに他界しているという。薮田は友人もなく、ずっと家に籠っていたらしい。そんな中、菅能(稲森いずみ)は、今回と似た事件を捜査した気がする、と言い出す。ほどなくそれは、横島不二実の未完小説『聖なる夜空にサンタが舞う』と酷似していたからだと気づく。横島は小説そっくりの殺人事件を自作自演した『ロイコ事件』の犯人であり、焼身自殺をとげた人物である。一方、『聖なる夜空〜』は、度重なる親の虐待に苦しんだ息子が、失踪の後に復讐する物語で、作中でも父親は風呂場で死んでいた。薮田の息子・晴男(鹿間康秀)も、医学部受験に失敗したことを厳しく責められて家出をしており、戸籍上は認定死亡となっていた。息子の父に対する復讐なのか…だが、この一致に興奮気味の菅能や羽生とは対照的に、何故か弓神はやる気を見せず…。

刑事ゆがみ公式HPあらすじ引用

【スポンサーリンク】