読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome to the Sayanokuni★

41歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

ボク運 第5話 山P「じっちゃの名にかけて!!」金田一少年の事件簿 ジャニーズの歴代金田一少年まとめ🌟神ファッションチェック! 

【スポンサーリンク】

ボク、運命の人です。第5話

歴代金田一少年亀梨和也さん)を目の前にして、神(山下智久さん)が、ドヤ顔、、

いや、もはやディスってます(笑)

金田一少年の事件簿といえば、ジャニーズ事務所のタレントが、

毎回主役を演じています。

初代金田一少年は、堂本剛さん。懐かしいので、歴代金田一少年まとめます🌟

神(山下智久さん)ファッションまとめます🌟
f:id:sayanokuni:20170514073239j:image

初代金田一少年堂本剛さん。
f:id:sayanokuni:20170514073248j:image

2代目松本潤さん。
f:id:sayanokuni:20170514073305j:image

3代目亀梨和也さん。
f:id:sayanokuni:20170514073312j:image

4代目山田涼介さん。
f:id:sayanokuni:20170514073319j:image

 

ウィキペディアから抜粋。

一役は初代から一貫してジャニーズ事務所所属のタレントが演じている。
堂本が演じた初代の一は成績・性格共にほぼ原作と同一の設定となっているが、原作よりやや奇天烈な言動も見られる。

「永久保存版」では大のおじいちゃん子であり、耕助が渡米した際には美雪と出会うまで塞ぎ込んでいたことや決め台詞である

「ジッチャンの名にかけて!」

が誕生した経緯が描かれた。

また、コーヒーが苦手となっている。


松本が演じた2代目の一はクール・神経質・ナイーブと原作の設定からは異なる部分が目立つ。

人ごみや人前に出ることを嫌い、妄想癖があるなど内向的である。

成績などの描写はないが、「貴殿(きでん)」という字を「きどの」と読み間違え、それを美雪に指摘されるシーンがある。

 

亀梨が演じた3代目の一は原作より軟派な性格づけがなされ、陸上部(ただし幽霊部員)所属で「じっちゃん嫌い(コンプレックスを抱いている)」となっていた。

 

山田が演じた4代目の一は原作とほぼ同一の設定ながら、原作以上に破天荒かつ闊達な性格の一面が強調されている。

成績は原作同一だが運動神経は高く、プロ並みのスケートボードの腕前を披露している。また、「獄門塾殺人事件」では高所恐怖症という設定となっているが「金田一少年の決死行」では普通に高いところから飛び降りる描写がある。

美雪に対しては、「一線を越えたい」と思う反面、「今の関係を壊したくない」とも思っている

 

私の中で、印象に残っているのは、初代金田一少年堂本剛さんと、4代目の山田涼介さんでした。

 

ヒロイン役も今見ると新鮮です。

初代   堂本剛さん✕ともさかりえさん

2代目  松本潤さん✕鈴木杏さん

3代目  亀梨和也さん✕上野樹里さん

4代目  山田涼介さん✕川口春奈さん

 

今回の木村文乃さんもそうですが、ヒロインに抜擢されている女優さんて、ジャニーズに興味がなさそうな、役者業に専念している女性を選んでいるように感じます。

 

 

神(山下智久さん)のファッションチェック

毎回シックではあるけれど個性的なテイストでまとめられている、神ファッション。

このジャケットのブランド名は、

TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.
タカヒロミヤシタザソロイスト.
f:id:sayanokuni:20170514073346j:image
↓パジャマジャケットというそうです。

 

他、可愛いのをピックアップ🌟

 

このブランドお洒落だな〜と思っていたら、それもそのはず、ナンバーナインから独立したデザイナー(宮下貴裕さん)さんが立ち上げたブランドでした🌟

 

ナンバーナインピックアップ🌟

 

ガチガチに頭の先から足の先まで、ブランド着てますはあまり好きではありませんが、さり気なく、こういうブランド取り入れている男性は、目に止まりますね!👋

 

 ↓ボク運まとめ

sayanokuni0141.hatenablog.com

sayanokuni0141.hatenablog.com

sayanokuni0141.hatenablog.com

 

 

【スポンサーリンク】