Welcome to the Sayanokuni★

さやのくにへようこそ☆43歳のんびり子育て、オススメグッズなんかを気ままに綴っています☆

【スポンサーリンク】

青森の津軽藩ねぷた村で、ねぷた祭り体験、津軽三味線も目の前で聴けて感動!アップルチップスをお土産に!

青森県弘前城に行った時に、なにやら人がここに向かっていて調べてみると、そこは「ねぷた村」という所でした。

そこで、家族で行ってみました!

ここは、行ってみて、凄く良かったです。ねぷた祭りに行ってみたい!!と思っちゃいました。そして、そのねぷた祭りの太鼓も、お囃子に合わせて叩かせてくれて、感動。ものすごい太鼓の響きが体全身に伝わるんです。

 私の出身県は、高知県で、お祭りはよさこい祭りが有名。

鳴子を持って、各チームが踊ります。各チームで、オリジナルの音楽を作って、それに合わせたダンスをするのですが、それも、身体にぐわんぐわん痺れるほどに、音が入ってくるんです。

ねぷた祭りは、全く違うものなんだけど、その身体全身に痺れる感じが相通ずるものを感じました。日本の祭りって本当いいですよね。

ここで、感じたものでも、ドキドキしたくらいだから、お祭りに参加したら、この100倍感動するんだろうなとも思いました。

 

他には伝統工芸や津軽三味線を目の前で見られたりもできます。

 青森に行ったら、おすすめの観光スポットです!

津軽藩ねぷた村

 

営業時間

AM9:00~PM5:00
(閉館時間PM5:30)
※11月~3月 こぎん刺し実演16時終了

 

入村料金

一  般 550円(税込)

高・中 学 生 350円(税込)

小 学 生 200円(税込)

幼 児(3才以上) 100円(税込)

 

所在地
〒036-8332 青森県弘前市亀甲町 亀甲町61

 

駐車場もありますが、無料ではありません。

ねぷた村と、お食事やお土産を購入すると、最大2時間無料です。

私たちは、ここで食事もしたし、お土産も買ったので、2時間無料で過ごせました。

『ねぷた祭』『ねぶた祭』って、どっちが正式名称なの?

それは、どっちも正しく、弘前の方はねぷたというそうです。

この『ねぷた』『ねぶた』の語源は、眠たいだそうで、方言でねぷてぇ、ねぶてぇが短縮したそう。

本当のお祭りは、ねぷてぇどころか、激しくドキドキだろうけど(^O^)

ねぷた祭の山車は、専門の絵師がいて、代々受け継がれていてとか。

この山車の装飾は、毎年変わるって知ってました?毎年、リニューアルするって、凄いですよね!!

しかも、地方によって、形も違っていて、それまた楽しい。

太鼓とお囃子が目の前で聞け、そのあと無料で太鼓を叩く体験ができます!もう、これが痺れます!!大迫力で、感動物!!でも、叩く棒は、長くて、細くて、軽いのが不思議。

小さな子供は、びっくりしちゃうかもです。

5歳娘に、太鼓を叩かせたかったんだけど、見てると、拒否られました(^_^;)

山車は回転もします。それも、魅力のひとつ。昔は、街灯も少なく、大迫力の山車と太鼓とお囃子が響き渡った事だろうなと、想像しちゃいました。今でいうプロジェクションマッピングで、時代の最先端エンターテイメントだったんだなって、青森って凄い!って、感心しました。

山車の中も見ることができます!

こんな構造になって、動くんだと、娘と一緒に眺めました。

青森独特の和を楽しむ事ができます。

室内は、暗く、50人位の絵師さんの送り絵が浮かび上がっています。絵は、三國志、水滸伝等の武将が描かれたりするそうです。

弘前のねぷた祭は、扇型が一般的で、人形型の物も昔は豊富に造られていたそうです。

金魚やタコもあって、怖い絵より、子供はこっちの方が面白がっていました。

ねぷた祭の歴史も学べます。

祭を知ると、その土地の事やお人柄も分かる気がしますよね。

大人にとっては、楽しいですが、子供はすたすた通りすぎていきました(^O^)

昔に描かれた絵を題材にするらしく、大事に残されていたり、伝説の絵の絵もあります!これは、やはり実際行ってじっくり見てほしいですね。

民工芸品制作体験コーナーもあります。

金魚ねぷた、津軽凧、津軽土鈴、こぎん刺し、津軽塗りなんかもできます!

1時間以上の所要時間が、どれも掛かりそうなので、この写真を参考にしてください。

今回は、時間がなかったので残念。

もうちょっと、調べてくればよかったな~。

歴代の津軽三味線奏者を知ることもできます。津軽三味線を日本に知らしめたのは、高橋竹山さん。私は知らなかったのですが、お義母さんは、スマホに音源を入れていて、聴かせてもらいました!

確かに素晴らしい。三味線の事はわからないけど、いつまでも聴いていられて、帰り道に皆で聴いて帰りました。

目の前で、津軽三味線の演奏を聴くこともできます。一メートルも離れていません!津軽三味線って、こんなに響くんだってくらい響き渡ります。

外側は、綺麗な日本庭園になっていて、池には鯉がいて、餌をあげることができます。

餌のガチャガチャがあって、100円で買えます。これは、子供心をくすぐりますねー。

ねぷた村で、おすすめのお土産が、リンゴチップス!!私、3袋位買って帰ったんですけど、もっと買えば良かったと思いました!

ふじとか、王林とか、いろんな種類があって、味見もできますよ。

リンゴソフトもおすすめです。ソフトクリーム?ジェラート?という食感で、さっぱりしていて美味しいですよ。

ランチもここで食べました。写真を撮り忘れちゃった、ごめんなさい。ホタテカレーだったかな、美味しかったですよー。

子供連れで、行ける

【スポンサーリンク】