Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

沈黙法廷第4話 答えたくありません✕3回瞳いっぱいの涙 あらすじ感想まとめ

沈黙法廷 第4話

全5話で構成されているこのドラマ。

高見沢(市原隼人さん)は、第一公判での、傍聴席の抽選に当選し、

マスクをつけて、山本美紀(永作博美さん)を見守る。

彼女の事が気になるあまり、仕事に手がつかず、

辞めてしまうのですが、

おい!!彼女の弁護代金払うんじゃないのか!?と、

一瞬ツッコミそうになりました(笑)

ひたむきに想う姿が綺麗に映されているけど、

実際は結構ダメ男なんですよ、これが^^;

山本美紀(永作博美さん)が弁護士矢田部(田中哲司さん)に伝えた、

真実は何だったのか!?

感想まとめます☆

市原隼人さんが着ていた、ジーンズのアウターが可愛いかったので、

ここにも、注目です。

地味で暗いように見えて、ドラマで使われているファッションは、

やっぱりおしゃれなんです。

ネックの部分がリブ仕立てで、カーディガン風の形が個性的で、

尚且主張しすぎておらず、

とっても素敵なジーンズ地のアウターでした。

 

あれこれ、調べてみたのですが、ブランド名まではわからなかったのが残念^^;

 

弁護士の矢田部は(田中哲司さん)うだつの上がらない男だったが、

山本美紀(永作博美さん)の弁護を担当することで、検事と対等にやり合っていた。

この裁判で、名を挙げられるかもしれないと言いつつも、

彼女の弁護に関しては、頑張っていると、周りが認める程。

 

そして、なんとも嫌な役をやっているのが、番組ディレクター高井陽介役をやっている、甲本雅裕さん。

元々、個性的な演技をする方なんですが、実に嫌〜な、数字を上げる為なら、事実を捻じ曲げ誇大することも平気といった、番組ディレクターを見事に演じています。

 

高見沢(市原隼人さん)の独占告白を数字の為に使った事に、心を痛める新人ディレクター立花亮子(藤本泉さん)は、高見沢に謝罪をし、裁判の傍聴はしないのか促す。

 

『そっと、応援する事はできる』

 

この言葉に心動かされ、高見沢(市原隼人さん)は、裁判所へ足を運ぶのである。

1回目は傍聴席の抽選に当選。

2回目は、落選。

3回目も落選。

 

しかし、裁判の傍聴の常連者(森本レオさん)に、

 

『やるよっ。あんた被告人の関係者なんだろ。テレビで見た。今日は本人の答弁

俺みたいな野次馬より、あんたが見るべきだよ。』

 

 と、傍聴席の当選チケットを手渡されます。

 

この大したこの無いシーンなんだけど、

森本レオさんの声の良さと、脇役の締り具合が最高です!!

  

このドラマでは、数字を上げる為の報道、冤罪を生み出す捜査、貧乏人はそれだけで罪となりうる現実への皮肉ともとれるメッセージが込められている。

お金持ちは、有能で実績のある弁護士を雇う事ができる。

情報も、集めやすい。裁判に勝つ確率が上がるのだ。

 

弁護士(田中哲司さんに)全てを話し、裁判でも全てを話す予定だったが、

山本美紀(永作博美さん)は高見沢(市原隼人さん)と目が合い、

急に、心を閉ざします。

 

検察側からの、殺害された被害者老人との箱根旅行の写真を突きつけられ、

答えたくありません。

 

答えたくありません。

 

答えたくありません。

3回、この言葉で突っぱねます。

 

次回は、いよいよ最終回クライマックス!!

瞳いっぱいの涙の意味は!

彼女は連続殺人犯なのか!!?

 

 

WOWOWは24時間フルタイムハイビジョン
3チャンネル放送!
加入料・その他の費用は一切不要!
15分程度ですぐ視聴スタート! 

最終回 放送日

10/22(日) よる10:00

10/22(日) よる10:00

10/23(月) よる11:00

10/29(日) 午前10:00

あらすじ

馬場との関係を問い詰められ、沈黙した美紀。誰もが彼女の有罪を確信した。矢田部は、約束と違う行動に出る美紀に説得を試みたが、彼女は心を閉ざしてしまった。弘志に裁判で証言するよう提案する矢田部。しかし、隠されていた事実に戸惑いを隠せない弘志。自分の信念に従う伊室。交差するそれぞれの想い。なぜ、彼女は証言台で沈黙したのか。彼女が本当に語りたかったこととは。山本美紀は、悪女なのか、淑女なのか―。 

沈黙法廷公式HPあらすじより引用

 

【スポンサーリンク】