Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

刑事ゆがみ第4話稲森いずみの回し蹴りが痺れる〜!神木隆之介と浅野忠信の年の差は何歳?感想まとめ。

刑事ゆがみ 第4話

回を増す度に、稲森いずみさんの回し蹴りが、キレキレで見てて爽快(笑)

今回は、心情を俳句形式にして、弓神(浅野忠信さん)と掛け合うようすが、

爆笑でした。

殺人現場で、のこ一句。

菅能ちゃん(稲森いずみさん)

『逆玉に、乗る寸前に、何起きた』

これを受けて、

弓神(浅野忠信さん)

『結婚に、纏わる事に、敏感ね』

はいー、そして、回し蹴り!!!

また、事件が解決した後の掛け合いは、最後にまとめます!

刑事コンビの羽生(神木隆之介さん)と弓神(浅野忠信さん)の年の差は?

ついでに、身長差も調べちゃお〜。

感想まとめます。

 

第4話の、横浜の背景が本当に綺麗です!

f:id:sayanokuni:20171103000739p:plain

 出典:公式HPあらすじ画像

http://www.fujitv.co.jp/yugami/story/index04.html

 浅野忠信さん

年齢43歳 身長179センチ 

 

神木隆之介さん

年齢24歳 身長167センチ

 

その差は!?

年齢19歳 身長12センチ

 

第3話までは、弓神(浅野忠信さん)の捜査方法に振り回され、怒りすら覚えていた羽生(神木隆之介さん)は、最後には、弓神に納得させられる展開でしたが、第4話から、喧嘩しながらも、コンビ感が増してきて、見ていて更に面白くなってきました。そう!息が本当にあっているんですよね!

年の差や身長差が、更に凸凹感を強調しているんだけど、ふたりの演技力が、共鳴しあっていて素敵なハーモニーを奏でています!

本気で、先輩に向かって、

『馬鹿じゃねーの!!あいつ!!』と、

目を見開いて言っている神木隆之介さんの演技が、

本気!?って思わせてくれる程(笑)

 

飯豊まりえさん、個人的に好きです。

去年の夏ドラマ、『好きな人がいること』の、野村周平さんの彼女役と、

山崎賢人さんとのドコモのCMが可愛くて、注目です。

今季夏ドラマの『居酒屋ふじ』のヒロイン役も、やっぱり可愛かったです。

 

去年はこのドラマでキュンキュンさせて貰いました〜。

『好きな人がいること』略して『スキコト』 

 

 

今回は、噂好きのOL役もお見事でした!

 着歴、超絶、キモくないですか?

このセリフが印象的でした! 

ヒズミ(山本美月さん)と弓神(浅野忠信さん)との関係も、

第5話から掘り下げられそうですね。

弓神(浅野忠信さん)が、ヒズミ(山本美月さん)に本気で好きになったやついるか?って聞いた時、弓神を指差した時の二人が可愛かったな〜。

ヒズミの気持ちは、本当のようだけど、

照れて、はぐらかす弓神。

ヒズミの想いが届くといいな〜。

 

では、ラストの菅能ちゃん(稲森いずみさん)と弓神(浅野忠信さん)の俳句バトルを綴ります。というより、弓神の管能ちゃんいじりで、玉砕かな〜。

 

弓神(浅野忠信さん)

『それなのに、今日も余って、独身貴族』

 

菅能ちゃん(稲森いずみさん)

『はい、字余り!!』

ボコっ!!回し蹴り!!

 

弓神(浅野忠信さん)

 『蹴り入れて、籍入れられないで、係長』

 

菅能ちゃん(稲森いずみさん)
『はい!!』
ボコっ!!回し蹴り!!

 

爽快です(笑)

 

今期ドラマ一押しドラマですね〜。

基本は一話完結型なので、見やすいです!

 刑事ゆがみを観るなら【FOD】

 

 

次回 第5話 あらすじ

弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)は、花道署からの要請で誘拐事件の捜査に協力する。

誘拐されたのは、前花道市長を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と、婿で市会議員の誠治(丸山智己)のひとり娘・真利奈(後藤由依良)。

弓神に協力要請があったのは、誘拐現場にカタツムリのマークが残されていたからだった。

カタツムリのマーク――それは、7年前、花道署管内で起きた異質な殺人事件に関係する。

ある夫婦が殺害され、生き残ったのは幼いひとり娘のみ。

事件が異質だったのは、事件内容が小説に酷似していたためで、小説『ロイコ』の名前を取って、ロイコ事件と呼ばれた。

ロイコとは、『ロイコクロリディウム』の略で、カタツムリに寄生し、脳まで支配する寄生虫のこと。

『ロイコ』は、主人公が殺人鬼に寄生されて心を操られ、殺人を犯していくという物語だった。そして、現場にはカタツムリのマークが残されていた。
事件が起きたことで『ロイコ』はベストセラーになった。

が、実は犯人は作者の横島不二実だった。

横島は逮捕前に焼身自殺してしまったが、彼を追い詰めたのが弓神だった。弓神は、喫茶店にいるヒズミ(山本美月)を麻薬の密売人だと偽り、羽生にマークさせると、単身宇津巻邸へと向かった。

そこで花道署の刑事・久松(木下ほうか)と合流した弓神は、『ロイコ』の発禁運動で先頭に立ったのが、前市長の宇津巻喜平だと知る。
同じころ、喫茶店のテレビを見ていたヒズミは、誘拐事件の報道でカタツムリの絵を見た途端に動揺し、店を飛び出す。
そんな中、誘拐犯から、京子と誠治に身代金を持って指定の場所に来るよう連絡が入り…。

公式HPあらすじ引用

 

今回ゲスト出演されていた、高梨臨さんの胸キュンドラマ。

【スポンサーリンク】