Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

【片想い】第5話それぞれの想いが動く重要回!桐谷健太の男泣き大谷亮平の男の意地が感動!感想まとめ。

片想い 連続ドラマW 第5話 下弦の月

最終回を目前にした第5話で、今までぼんやりとしたものが動きだしました。

こんなに、心が重くなるドラマもないなと思うんですが、

私も大人になったんでしょう、最近連続ドラマWが面白くてしょうがないです。

人を殺したと突如同級生の前に現れた美月(中谷美紀さん)だったけど、実際の犯人は中尾功輔(鈴木浩介さん)でしょう。

最終回でそれが、明らかになります。

いろいろな人物の想いを大事に作り上げているので、

序盤からなかなか進まず苦しいのですが、第5話で一気に進み始めます。

感想まとめます。

 桐谷健太さんの男泣きも感動でした。

 

理紗子(国仲涼子さん)が家を出た後、自分一人になった時、

泣きながら同級生(和田正人さん)に電話するシーンが最高でした。

和田正人さん演じる同級生も、リアルな感じで本当演技がうまいんですよ!

こういうなんか言いやすい同級生いるよね〜って思わせてくれます。

 

話は、それぞれの角度から進展します。

QB(桐谷健太さん)は独自で調べた事から、真相にたどり着きます。

男として生きたい人と、女として生きたい人、それぞれの戸籍を交換して生きているジェンダー達。その仲介を、同級生の中尾功輔(鈴木浩介さん)がしていた。

 

なぜ、そこまでするのか・・・

 

それは、彼が、男の気持ちを持った母親の子供として生まれていたからだ。

その思いから、美月(中谷美紀さん)を母親と重ねていたのかもしれないですね。

 

守りたかった。君の心を、あの頃の僕たちを。

このサブタイトルがようやく理解出来た、第5話でした。

この想いは、まず第1に中尾功輔(鈴木浩介さん)の気持ちだったんだなと。

 

そして、事件に関わっていく事となった、同級生の気持ちだったんだなと。

 

全ての点を拾って辿り着く、二人の同級生。

早田(大谷亮平さん)は、本気でライター人生を送っていて、

真実を文にすることを選ぶ。

QBが最後の試合で左目が見えなかった事も、奥さんだった理沙子(国仲涼子さん)を好きだった事も、そして友達が犯した罪を文にする事も、QB(桐谷健太さん)と腹を割って話しす姿が、カッコよかったです。

二人の男がぶつかりあう姿は必見です!!

 

戸倉を実際殺したのは、中尾功輔(鈴木浩介さん)で、それを目の前で見ていたのは美月(中谷美紀さん)。それを、遺族が知りお金を脅し取っていたのが、この事件の真相ではないかと思います。

 次回は、いよいよ最終回! 

このドラマは、この第5話で、一気に面白みが増します。

全員の演技力の高さは勿論、緻密に計算された物語の構成。

納得いかない、モヤモヤした気持ちになる事も含め、

本当に面白いオススメドラマです。

前回までは、これまとまり切るのかな?と、ちょっと不安要素があったのですが、

今回で面白いと言い切れます!

 

WOWOWは24時間フルタイムハイビジョン 3チャンネル放送!

加入料・その他の費用は一切不要!

15分程度ですぐ視聴スタート!

WOWOWは選りすぐりの映画やドラマ・スポーツなど のエンターテインメントをお届け。

 

最終話 満月

11/25(土) よる10:00
11/27(月) よる10:00
12/2(土) 午前10:00

「功輔は死ぬつもりだよ」美月からそう知らされ、失踪した中尾を懸命に捜す哲朗と理沙子。

そこに犯行に使われた車が発見されたと早田から電話が入り、2人は現場へと急ぐ。

一方、先に中尾を見つけ出した美月は、中尾からある告白をされる。

果たして、殺人事件の真相は? 

中尾が神崎ミツルとして死を選ぶ理由とは? 

すべてを知ったとき、仲間を守るため、元チームメイトたちが取った行動とは―。

公式HPあらすじ引用

【スポンサーリンク】