Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

ごめん、愛してる第5話 坂口健太郎リストのカンパネラを弾く!障害者の母、子供を捨てた母、聖母マリア、泥泥泥沼設定に少々疲れました。

【スポンサーリンク】

ごめん、愛してる 第5話

1週間お休み後の10分拡大で放送されました。

日向サトルこと坂口健太郎さんのピアノの腕はどこまで上がるのか!!

今回は、なんと!

フランツ・リストのラ・カンパネラを

弾いているじゃありませんか!!

勿論、全部弾いたわけではなく、序盤を弾いたのですが・・

ドラマそっちのけで、スミマセン、リサイタル本当にしませんか?

と言いたくなる程、この短期間で仕上げたと思えない腕前なのです!!

ピアノの魔術師降臨です!!

※公式インスタグラムより抜粋

f:id:sayanokuni:20170813225200p:plain

 そして、ふと思い出した映画が、

「言えない秘密」という台湾の映画で、

ジェイ・チョウさんが弾くピアノバトルでした。

彼は、元々ピアニストなのですが、

個人的に、坂口健太郎さんとジェイ・チョウさんの二人のピアノを題材にした作品が生まれないかなと想像するほどでした(笑)

そして、坂口健太郎さんのピアノがこのドラマで、

一番癒される瞬間なのではないでしょうか。

※公式HPより抜粋

f:id:sayanokuni:20170813225201p:plain

このドラマと関係ないのですが、

この映画もピアノ好きの人は絶対に好きになると思います!

指先の美しさ、そして、旋律の美しさ、ピアノを最大限に活かした映像が、

盛り込まれていて、おすすめです。

 

K-POPアイドルも愛用のブランド『クロードマノン』  

 

そういう意味では、律(長瀬智也さん)も耳に残っているピアノの音色だけは、

弾ける設定でも良いのにな〜と思います。

ここまで、ガッツリ不幸のオンパレードで、ベタベタな表現をされるなら、

そんな設定でもありです。

 

ワカナ(池脇千鶴さん)は、知的障害者であり、性的な行為を求められ2000円で売春をする設定も、強烈な印象でしたが、その上、妊娠をして産んでいて子育てをしている母親。

そして、律の母親(大竹しのぶさん)は、泥沼不倫で、身を隠し子供を産み捨て、2番めに産まれた子供サトル(坂口健太郎さん)を溺愛しているヒステリーな母親。

そして、律に次第に心惹かれ、気がつけばいつも側にいて、寂しい時は抱きしめ、笑顔で支える聖母マリア的存在の凜華(吉岡里帆さん)。

※公式HPより抜粋

f:id:sayanokuni:20170813225202p:plain

ただ抱きしめれば良さそうなものですが、

律を抱きしめる時に

「いい子、いい子」と言いながら抱きしめる凜華。

何歳年上なんだ?とツッコミたくなりました。

そこに、無言で抱きしめ頭を撫でる姿で聖母マリア的な表現にしてくれたら、

とても美しいと思うのですが・・

 

母親像が歪で、闇が深く、見ていて日本ドラマの日曜夜9時枠には、

重すぎではないかなと改めて思う次第でした。

※公式HPより抜粋

f:id:sayanokuni:20170813225203p:plain

そして、遅すぎる気持ちが目覚める瞬間は、婚約パーティーをした後でした。

抱きしめ合う律(長瀬智也さん)と凜華(吉岡里帆さん)。

それを見て呆然と立ちすくむサトル(坂口健太郎さん)。

三角関係が本格始動です。

 

塔子の父親も、浮気を散々して、母親を追い出し、

今では余命数日の虫の息状態。

 

第4話までで、長瀬智也さん✕吉岡里帆さんの美しいキスと、

坂口健太郎さんの奏でる美しい旋律の世界で、

ぐっと面白味をました、このドラマ。

しかし、第5話でさらに念押しの底なし沼の泥沼設定すぎて、

もはや、最後に綺麗にまとめようとするのだけは、

やめてくれよ!念を押したくなりました^^;

 

ドラマ観るなら<U-NEXT>  

 

 

次回予告で、ピアニストが、交通事故!?

これで、記憶喪失だけは、盛り込んでくれるなよ!!

と叫びたくなります。

※公式HP予告より抜粋

f:id:sayanokuni:20170813225206p:plain

こんなに、不幸いりますか?

こんなに、不幸盛り込んで、これは不幸美なのでしょうか?

こんなに、クソババア像盛り込んで、お母さんありがとうで終わらせますか?

律(長瀬智也さん)と凜華(吉岡里帆さん)の恋が進んでいくかと期待していただけに、今回は、正直しんどい回でした👋

 

 

次回 第6話 あらすじ ※公式HP予告より抜粋

f:id:sayanokuni:20170813225205p:plain

 麗子(大竹しのぶ)の隠し子疑惑が報道され、日向家にマスコミが殺到する。

困惑する麗子を守るため律(長瀬智也)は報道陣を相手に暴れる。

世間に律の存在が明るみになる事を恐れた恒夫(中村梅雀)は、律を納戸に閉じ込める。

麗子は自らのスキャンダルでサトル(坂口健太郎)の将来に悪影響を与えてはならないと思い、記者会見ですべてを語ることに。

凜華(吉岡里帆)と会見の模様を見た律は、麗子の告白を聞き…。
 一方、婚約したサトルと塔子(大西礼芳)は旅行へ。

そこで、塔子は今まで明かさなかった父親の存在をサトルに教える。

闘病中の父親はまもなく亡くなり、塔子はサトルの前から姿を消す…。 

 

 

www.sayanokuni.com

 

【スポンサーリンク】