Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

明日の約束 最終回ヒューマンドラマで終わりました。井上真央、手塚理美、仲間由紀恵の女優力が光る作品でした。

明日の約束 最終回

ついに終わってしまいました。

毎回見るたびに、自分の事を振り返らる気持ちになり、苦しくも有り、

それでも、見てしまうドラマでした。

しかし、公式HPでも書かれていますが、

ヒューマンミステリーではないですよね?

私、なんだか、ミステリーの言葉に踊らさせた所あったな〜。

仲間由紀恵さんの『サキ』や『美しい隣人』のドラマで悪女を演じ、

そのドラマに東方神起の歌がいつも主題歌になった事で、

今回も、びっくりするような展開が待っているのでは!?

と、期待してしまった・・・

最終回、感想まとめます。

f:id:sayanokuni:20171219235043p:plain

出典:明日の約束公式HPインタビュー画像

https://www.ktv.jp/yakusoku/interview/01.html

 私が勝手に、ミステリー的展開を膨らませたこととは思いますが、

ヒューマンミステリーと謳わず、

ヒューマンドラマで最初から推して欲しかったな〜。

 

細かい?

細かいですよね〜(笑)

 

でも、ヒューマンドラマで突然すぎる死をどう受け止めて、

それぞれの道へ進むで、良かったんじゃないかなと思うんです。

 

 

仲間由紀恵が演じる母親が、どうして、息子に執着するようになったのか、

明らかになりましたが、手塚理美さん演じる日向(井上真央さん)の母親が、

どうして娘に執着して、明日の約束を書くようになったのかが、

曖昧なのも残念でした。

この二人の毒親は、自分が信じる愛情を貫いているという点で、

共通しています。

しかし、その愛情が子供の目にどう写っているかは、

分からないんですよね。

友達のような母親、彼氏や彼女のような親子でデート・・・

仲良しの向こう側の、子供の心はどうなんでしょうか?

 

子供に依存する親、親に依存する子供、

このバランスが取れていれば、依存ではなくなるが、

どちらか一方が苦しい想いをもってしまったら、

依存になる。

 

私が思うに、日向(井上真央さん)の母親(手塚理美さん)は、

この先死ぬまで、日向にあやまる事はないと思います。

 

謝ったとしても、私は悪くない日向の為にやったことを全面に出すことだろう。

私の想いを受け入れない日向が悪い。

素直ではない、日向の性格が悪い。

親を捨てた、日向。

 

日向(井上真央さん)は、母親に自分の想いを伝え、家を出ます。

 

子供の頃に書いていた、母親との交換日記だけを残して。

 

最後に、書いた言葉は、

明日の約束

私は、私のために生きてゆきます。

 

 

日向は、自分の人生を歩み始め、言葉にも心がこもり、強くなります。

 

人に頼って、逃げてでも生きることを、

選択して欲しかったから。

 

私が一番許せない人は、自殺をした吉岡圭吾くんと話す姿が、

本当のスクールカウンセラーに見えました。

 

やっぱり、女優さん達の演技が最高でしたね。

手塚理美さんと仲間由紀恵さんの毒親役。

スクールカウンセラー役の井上真央さん。

生徒役の山口まゆさん。

吉岡くんの復讐をする幼馴染役の佐久間由衣さん。

 

 

井上真央さんの母親役をいつか見るのが、楽しみです!

出来たら、八日目の蝉で、

井上真央さんが誘拐する永作博美さんの役を演じて欲しいなと思います。

この苦しいスクールカウンセラー役、お疲れ様でした!

 

見逃し配信はフジテレビオンデマンド!

色々考えさせてくれるヒューマンドラマです!!

明日の約束の観るなら【FOD】  

 

【スポンサーリンク】