Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

明日の約束第8話舌打ち黒ミッチー現る!それぞれの毒が兄弟姉妹格差に胸が痛む。チェインストーリーも含めて感想まとめ。

明日の約束 第8話

日向(井上真央さん)に本庄(工藤阿須加さん)が暴力を奮って終わった第7話。

DV男の設定は、ちょっと悲しかったな。

日向の太陽であって欲しかったのにとも思いましたが、

今回第8話で、日向の家に行って玄関で土下座をし、母親(手塚理美さん)に罵倒を浴びせられても、必死で謝り、日向に自分の兄や家族の事、自分の気持を正直に話していました。

だからと言って、まだ、受け入れられないと話し、距離をおく二人。

この先どうなるんでしょうか!?

手をあげてしまったというより、自分を見失った暴力が本当に怖かった。

でも、兄から家庭内暴力を受けていた過去があった事は、とても辛かった事で、

なんとか、二人で過去の事、現在起きてしまった事も乗り越えて、

進んで欲しいなと思います。

 

それから、やはり、黒ミッチーが現れましたね!!

舌打ち、吉岡くんの母親(仲間由紀恵さん)が誹謗中傷の対象になるとほくそ笑む感じ、何と言っても、自分のストレスを生徒のいじめ構図を作る事で、解消していた事が発覚しました。

 

もう、怖いとしか言いようがないですね。

 

しかし、そんな霧島先生(及川光博さん)にも、黒歴史になるきっかけがありました。

チェインストーリー6.5話『ある男性教師の受難』でその物語を見ました。

白黒で、表現されているこの物語。

彼に恋する女子生徒の告白を、断り、大人の対応をした事で、その女子生徒から仕返しをされる内容でした。

その女子生徒は、霧島先生にいたずらをされたと親に言い、親は学校に寄付をする有権者で怒鳴り込み、先生は噂の対象となり、事実無根を訴えるが信じて貰えず、学校を追いやられる事に・・・

しかし、事態が大事になった事で、その女子生徒からうそをついたと正直に名乗り出て、怒鳴りこんだ親が一緒に謝りにきます。

 

その時謝りつつも言った言葉が、

子供のしたことだから、許してやってほしい。

 

謝りつつ、自分を擁護する言葉をいうのは、謝ってないし(怒)

それでも、その生徒に熱心に語りかけようとしたら、

逆ギレして、おまえのことなんか好きでも何でも無かったと罵倒する生徒。

 

はあ??ですよ。

 

しかし、結局、噂は停められず、学校を追いやられ、その時付き合っていた彼女とは別れ、それでも教師を続けている・・・

 

情熱の代わりに、ドス黒く濁った怒りを腹の底に溜めながら・・・

の言葉で終わります。

 

チェインストーリー7.5話も、今回第8話を繋ぐ自殺した圭吾の妹の英美里(竹内愛紗さん)主役の物語でした。

『私の声は届かない』

 

第8話では、本庄(工藤阿須加さん)と圭吾の妹の英美里(竹内愛紗さん)の兄弟姉妹格差も題材にあげられていました。

 

平等に愛情を注ごうと、親自身は思ってつとめていても、

ぴったり均等にはならない。

 

同じ人間ではないのに、同じ人間かのように扱ったり比べる、

兄弟姉妹だから仲良くて当然、片方に愛情を注ぎ、片方は興味がない、

見ていてとても苦しくなります。

 

それでも、子供は自分を見てほしい。

それでも、子供は自分の声を聞いてほしい。

それでも、子供は自分に微笑んでほしい。

 

精神的虐待、肉体的虐待を受けた子供は自分に自身が持てなくなる。

 

子供の悲鳴が、聞こえない親。

暴力は、実としてやったことが明らかになるが、

精神的虐待は、やっている毒親は自分の愛情を主張する。

 

私はこんなに貴方を思っている。

私はこんなに頑張っている。

私は、私はを押し付ける・・・

 

本当に苦しいドラマなんですが、

各々の立場の心情も事細かにチェインストーリーでまとめてくれていて、

本当に入り込んでしまいます。

 

チェインストーリー8.5話は、香澄(佐久間由衣さん)が主役でした。

『白井香澄ー約束の夜ー』

香澄をいじめていた相手を、階段の上から突き飛ばした圭吾(遠藤健慎さん)。

香澄と圭吾はその夜、ラブホに行きます。

家に帰りたくないと。

そして、そこでフランツ・カフカの『変身』の話をします。

圭吾の精神はぎりぎりの所まで来ていました。

そして、もしも自殺してしまったら・・・

香澄はこの時、必ず圭吾を陥れた人間に仕返しをする約束をします。

バックハグをするだけなんですが、若い二人がラブホにいて、ドギマギしている様子も、見事に演じていた二人。

 

そして、その本を図書館で見つける圭吾。

この下りは、チェインストーリー2.5話にも、繋がっています。

 

本編よりも、チェインストーリーを熱く語ってしまいましたね(笑)

それぞれの明日はどうなるんでしょうか!?

やはり、そこが見たいですね。

f:id:sayanokuni:20171206000443p:plain

出典:明日の約束公式HPストーリー画像

https://www.ktv.jp/yakusoku/story/09.html

 

このドラマは、本当に深いです。

これから物語は架橋に入ります!

母のあなたへ、母になるあなたへ、未来の母へ見てほしいドラマです。 

 明日の約束の観るなら【FOD】

 

 

チェインストーリーはGYAO!で見られます。

合わせて見る事をオススメします。

メインストーリーは、表面上をまとめたもので、チェインストーリーで、

各々の心情が表現されています。

 

次回 第9話 あらすじ

高校1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げた。自殺の原因とうわさされたバスケ部の関係者が立て続けに襲われ、犯人は圭吾の幼なじみの香澄(佐久間由衣)だと分かる。圭吾を死に追いやった人物への復讐のためだった。香澄が「あと一人…」と言うターゲットは圭吾の担任教師・霧島(及川光博)。香澄は霧島を陥れるべく、ノートPCを盗み出し、日向(井上真央)に託す。中身を見た日向は、霧島が圭吾の死に大きく関わっていることを知りがくぜん。教師として、生徒を守るべき立場の霧島がとった驚きの行動について、その真意を問いただす。

一方で、恋人の本庄(工藤阿須加)から暴力を振るわれた日向は、そのせいで結婚に対して後ろ向きになる。「あの人のようになることが怖い」―長年、母・尚子(手塚理美)に支配されてきた日向は、まだ結婚して母親になる覚悟ができていないと分かったのだ。尚子もまた、娘に暴力を振るった本庄を決して許そうとはせず、早速、日向に見合い話を持ってくる。しかし日向は、毅然(きぜん)とした態度で「私はお母さんの所有物じゃない」と自分の気持ちを伝え、本庄との今後についても、ある結論を出す。吉岡家では、圭吾の妹の英美里(竹内愛紗)が、母・真紀子(仲間由紀恵)が息子の部屋を盗聴していた証拠をマスコミに流していた。すぐさま、テレビやネットで真紀子の異様な行動が報じられ、一時は真紀子に同情的だったマスコミも、一転して真紀子を糾弾。圭吾を死に追いやったのは、精神的虐待を続けてきた“毒親”にほかならないと、非難する。最愛の息子を失い、自らの愛情を否定され、そのうえ家族にも見放された真紀子は…。

明日の約束公式HPあらすじ引用 

【スポンサーリンク】