Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

幻の果物『小夏』高知県を代表する果物!りんごのように皮を剥き、甘皮と一緒に食べるよ⭐関東では見たことがありません!

高知県を代表する果物で、文旦を少し前にブログで紹介しましたが、

今回は、『小夏』という果物を紹介します。

小夏と言う名のこの柑橘類は、春先から夏までの非常に短い期間に

収穫されて味わう事ができる果物。

九州では日向夏、愛媛ではニューサマーオレンジが、似たようなみかんになりますが、日向夏は野球ボールより少し大きめ、甘皮も甘いイメージですが、ニューサマーオレンジは、野球ボールより小さく、小ぶり、さっぱりとした味わいです。

この小夏は、野球ボールくらいの大きさで、甘皮が甘く、さっぱりとしていて、甘みもあり、なんとも言えないお味です!!

元々は、ゆずの血をひいているらしいのですが、どれも、すこし味わいは違うように思います。食べ比べて楽しむのも、良いかもしれませんね。

ふるさと納税でもらえたり、小夏の中でも、幻の果物とされる『宿毛(すくも)小夏』もご紹介します⭐
f:id:sayanokuni:20170427213112j:image

 この果物の食べ方が面白いんです⭐

りんごのように皮を剥き、串切りにして甘皮ごと一緒に食べます!

この甘皮が甘くて、さっぱりとした小夏本来の果肉と絶妙にマッチし、見事な味わいとなるのです!!

 

文旦も、関東ではほとんど見ないのですが、、

この小夏に関しては、皆無と言っても過言ではないでしょう!

最近、高知フェアーなどの特設売り場で売られている事はあるようですが、スーパーではまず見ることはありません(T_T)

 

この小夏は、今最盛期。

春先から夏ごろまで収穫でき、味わえます。
f:id:sayanokuni:20170427213117j:image
この小夏は、四万十清流農場さんの小夏です⭐

詳しくはこちらから↓

www.shimantobuntan.com

 

続きまして、『宿毛小夏』をつづります。

宿毛小夏は、久保義明により宿毛で発見され、1992年に父の久保悟と他2名により品種登録された新しい品種です。出荷量も少ないため地元でも大変人気のある品種です。

 

テレビでも紹介され、最初は突然変異の形で誕生し、研究を重ね今に至るそうです!

今では、この宿毛小夏を広めてきてはいるようですが、それでも希少な数少ない果物でしょう!!

 

宿毛小夏詳しくはこちら↓

久保農園の高知 宿毛小夏 こなつ|こだわり品ねっと - 全国のこだわり品・特産品・逸品をお届け

 

小夏もふるさと納税でゲットできるようです⭐

すぐに売り切れごめんとなるようなので、要チェックです!!

↓詳しくはこちら↓

www.furusato-tax.jp

 

小夏は高知県を代表する果物のひとつですが、残念ながら、ここ関東ではあまり知られていません。当然です(T_T)売られていないのですから。

でも、今やネットでなんでも買える時代⭐

果物好きな方、一度ご賞味あれです!!👋

 

農園から直接買うも良し、ふるさと納税でゲットするも良し、ネットで買うも良し!

 

 ↓文旦まとめ

sayanokuni0141.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】