読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome to the Sayanokuni★

41歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

『クライシス』第2話 稲見(小栗旬さん)VS殺し屋 稲見は元殺し屋!?田丸(西島秀俊さん)は認められない恋!?闇が深すぎる主人公たちに面白さ倍増🌟

【スポンサーリンク】

クライシス第2話 稲見(小栗旬さん)VS殺し屋(山口祥行さん)のバトルアクションが凄まじく、瞬き出来ないほど!!

この殺し屋役の山口祥行さんは、ジャパンアクションクラブJAC)出身で、スタントマンをしていたため、吹き替えなしのアクション・殺陣・スタントが行えるそうで、迫力が半端なく、そして、それに渡り合えている小栗旬さん!!!

バトルアクションスタートのこの挑発スタイル、好きだわ〜😁のまとめスタート。
f:id:sayanokuni:20170419065652j:image

 先程も、触れましたが、殺し屋役の山口祥行さんは、ジャパンアクションクラブJAC)出身。ジャパンアクションクラブとはなんぞや!?
f:id:sayanokuni:20170419065701j:image

千葉真一さんが世界で通用するアクションスター・スタントマンを育成・輩出するために、1970年4月に東京都中野区にジャパン・アクション・クラブ (JAC) を創設したとされる。

 

小栗旬さんと山口祥行さんも、バトルアクションを打ち合わせし何度も練習したとは、思われますが、、このキレキレの動きと迫力!!

一瞬でも間違えたら、大怪我ものですよ!

 

というくらい、見惚れてしまいました😁

 

1回目のバトルでは、偶然居合わせてしまった女を盾にし、稲見(小栗旬さん)が女を助けると見込んだ殺し屋は、国道で車が来る寸前で、女を車の前に突き飛ばし逃げます!

稲見小栗旬さん)は、女を助け殺し屋を逃してしまいます。

 

はい、ここで注目!!

国道で、女を助けた後、稲見(小栗旬さん)はシンデレラ抱っこをして、歩道に連れていくんです🌟

 

情熱的な恋の演出ですな!!

 

2回目の殺し屋とのバトルは、稲見(小栗旬さん)の圧勝!!

その時、大きな闇をその殺し屋に語りかける。

 

自分もそっち側の人間だったと。

 

深い、深い深い闇!!

ですよね、そのくらいの闇がないと、面白くないですよね〜😁

 

この殺し屋は、戦後二番目の若さで官房長官に就任した神谷透官房長官石黒賢さん)の、運転手兼SPでした。

 

この官房長官石黒賢さん)は、VIP御用達売春ハウスに出入りし、少女(アリス)に暴力をふるい、植物人間にした張本人だった。全てを力で捻じ伏せるられる人間が、官房長官になってしまったのだ。

 

今後も、まだ、小栗旬さんVS山口祥行さんのバトルアクションは必ずあるでしょう!

必見です🌟🌟🌟

 

そして、、田丸(西島秀俊さん)は認められない恋をしている!?

潜入捜査させている部下の奥さんと、教会で、報告という名の密会!

f:id:sayanokuni:20170419065708j:image

田丸(西島秀俊さん)の常に正義感あふれる顔つきが、林千種(石田ゆり子さん)の前でだけ、、ずぶ濡れの子犬のような表情になり、

「まだ、行かないでください・・・」と言ってします。

 

夫を潜入捜査させていたので、その報告を知らせていただけの関係が、恋心に変わったのか!?

f:id:sayanokuni:20170419065715j:image

今回一つだけ、えっ!?と思ってしまったのは、、

ハッカー大山玲新木優子さん)が、写真の建物の位置を特定するのに、グーグルマップを隈無く探していて、吉永三成(田中哲司さん)の「目標」「迷子」のフレーズから、写真には位置情報が記憶している事を思い出すというシーン。

 

おいっ!!元ハッカーなら、それは、最初に分かったでしょーよ!!

と、ツッコミました😁
f:id:sayanokuni:20170419065720j:image
次回は、稲見(小栗旬さん)、走ります!!全力疾走します!!

そして、拳銃!ドンパチ!始まります!!

見ものです!!

 

第3話あらすじはコチラ↓

白昼堂々の議員襲撃事件発生!犯人は権力の悪用を断罪する謎のテロ集団“平成維新軍”。
稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)に向けられる敵の銃口……特捜班とテロリストの闘いの行方は!?

贈収賄事件に関与した疑惑の議員が、顔を隠した3人組の男らに襲われ、報道陣の目の前で射殺された。直後に犯行声明を出した“平成維新軍”は、この先も権力を利用して私腹を肥やす者たちを排除すると、テロの続行を宣言。特捜班は犯人を逮捕してテロを未然に防ぐよう命じられる。

班長の吉永(田中哲司)から、襲撃犯が使用していた特殊な拳銃をたどって実行犯を洗い出すよう指示された稲見と田丸は、銃器マニアの暴力団組長が同じ型の拳銃を買い集めていたとの情報を得る。

裏取り捜査を進めると、やはり使われた拳銃は組長が所持していたもので、しかも保管していた拳銃はすべて組長の息子の譲(大和孔太)に盗まれていたことがわかる。
そして、譲は少年院を出所後に人が変わり、「社会のシステムを変えてやる」と言っていたという組長の証言から、稲見は何者かが譲をそそのかして、今回のテロ行為に及ぶよう誘導したのではないかと考える。

やがて譲の潜伏先を突き止めた特捜班は、拳銃を装備して現場へと向かう。吉永、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)が建物の周囲を固め、稲見と田丸が部屋へ近づくと、ちょうど外出しようとしていた譲に出くわす。次の瞬間、譲は部屋の中の仲間に「逃げろ!」と叫び、同時に素早く拳銃を抜き、近づいてきた稲見と田丸に銃口を向けて――。

 

さあ、世界レベルの日本刑事ドラマの誕生です!!👋

 

 第一話まとめ🌟

sayanokuni0141.hatenablog.com

 

 

 

【スポンサーリンク】