Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

『ボク、運命の人です。』修二と彰は亀と山pとして復活!背中越しのチャンスは、青春アミーゴ超えできるのか・・?山Pは、チャラ神に!

【スポンサーリンク】

日テレ初の土曜10時のドラマ

『ボク、運命の人です。』

亀梨和也山下智久といえば、、野ブタをプロデュースというドラマで、修二と彰役で、ユニットを組み、歌も出して爆発的ヒットを残しています!

今回は、ユニット名を『亀と山p』として、歌をリリース🌟

あらすじ・感想・あれこれまとめます🌟

f:id:sayanokuni:20170415233825j:image

🌟あらすじまとめ

第1話

 この4月、都内の会社に異動してくることとなった正木誠(亀梨和也)。彼は女運がなく、なぜか付き合う女性たちには大きな難があり、挙句に別れを告げられるような恋愛を重ねていた。そんなある日、誠の目の前に自らを“神”と名乗る謎の男(山下智久)が現れる。彼は突然、誠が“運命の人”と信じる現在交際中の女性について「残念ながら君は騙されている」と言い放つ。怒る誠だったが、謎の男がテレビを点けると、そこには美人局の容疑者として今正に逮捕されている彼女の姿が。愕然とする誠。なぜ自分はこんなにも不運なのかと嘆く誠に、神様は言う。「それは君に『本当の運命の人』がいるからだよ」と。そして差し出す1枚の写真。それは湖月晴子(木村文乃)の写真だった。だが、誠は晴子のことを知らない――。自称神の男が言う『本当の運命の人』:湖月晴子。彼女とは顔見知りではないが、実は5歳の頃の海水浴場で、大学受験の時の試験会場で、今年の初詣の神社で、何度も「運命」のすれ違いを重ねていた女性だという。そして今、彼女は誠が異動してきた会社の壁を挟んで向こう側、背中合わせで仕事する「運命」の距離にいるという…。晴子は今年30という年齢を迎えながら、男運に恵まれず、「次こそが最後の恋愛にしよう」と堅実で地に足の着いた人と恋愛することを願っていた。謎の男から不思議な運命を告げられた誠は、会社のビルで晴子と同じエレベーターに乗り合わせる。焦る誠。だが、勇気を振り絞って声をかける。「あの…ボク、運命の人です…」と。が、勿論突然のそんな発言を晴子は気味悪く感じてしまい――。
最悪の出会いから始まる最大の運命の物語。振り返れば「運命」だったのかもしれない、あの「偶然」の数々。運命を武器にした一人の男が、運命なんて信じぬ難攻不落の現代女性に立ち向かう、恋の冒険が今始まる!

第二話

誠(亀梨和也)は晴子(木村文乃)との運命を心の中で感じつつあった。そんな中、謎の男(山下智久)が誠に言っていた通り、晴子は、高校時代の同級生・定岡(満島真之介)と数年ぶりの再会をとげる。親しげな晴子と定岡の様子を見てしまった誠は、気が気ではない。誠は、どうしたら定岡に勝てるのかと謎の男に相談。すると謎の男は、この恋を勝ち取るためにはまずは「お金」が必要だと言い切る。誠はその助言に従って、会社が行ったボーナスキャンペーンの10万円を手に入れるため営業に奔走。ある会社を訪ねた誠は、応対してくれた男性と長話をするハメに。その男性が運命に絡む人物だとは知らずに…。その頃、定岡は晴子を飲みに連れ出していた。誠の知らない間に、晴子と定岡はさらに距離を縮めていき…。手強いライバルの出現に、誠はどうするのか!?

 

感想ですが、

この一話は、純粋に物語を楽しむというより、、

修二と彰の、復活祭りといったところでしょうか。

その昔、修二と彰でリリースされた『青春アミーゴ』が爆発的ヒットをした影響で、ジャニーズファンじゃなくとも、気にはなると思います。

しかし、、これが、、30歳を超えたふたりに大きく立ちはだかる壁、いや、敵となることでしょう。

野ブタをプロデュースでは、高校生役でしたが、今は等身大の年齢設定。

若さを売る歳ではなくなっている。

 

が、しかし、、

山Pはチャラ神役に。

 

亀梨和也さんは、人の良い、女運の無い、イケメンサラリーマン。

 

この二人の掛け合いが、30歳を超えた大人のにおいを醸し出す設定でもない。

かなり、酷評気味ですが、、まだ、楽しみにしておりますよ〜。

 

さあ、この先2話・3話で、胸キュンで攻めこんで貰いましょう!!

修二と彰青春アミーゴ超え!!

期待してますよ〜🌟🌟🌟👋

 

 ↓この歌良かったな〜

 

 

 

【スポンサーリンク】