Welcome to the Sayanokuni★

41歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

巻真紀→早乙女真紀→山本あきこ(松たか子さん)はお義父さん殺して、戸籍買って人生をやり直してた!?家森くんの泣き顔はやっぱり美しいカルテット最終章!!!

【スポンサーリンク】

怒涛のサスペンス感に急展開な最終章リーチ!!!巻真紀からお離婚して早乙女真紀になり、その名前は、平成15年12月19日に300万円で戸籍を購入した名前。本当の名前は山本あきこ(松たか子さん)だった。そこには、深い深い闇が隠されていました。10歳で、お母さんが12歳の少年の自転車にぶつかり死亡。残された10歳の山本あきこ(松たか子さん)は、お義父さんと暮らす事となり、日常的に暴力を受けていた。お母さんを殺した少年の家族から12年に渡って賠償金を受取続け、育てていたお義父さんは心不全で死んだ頃、山本あきこ(松たか子さん)は戸籍を買って住んでいた富山を捨て、東京へ逃げる。

義理のお父さんを殺したかったのか、、

加害者の家族を救うためだったのか、、

真紀さんは、カルテットドーナツホールのもとを離れて、警察に行きます。
f:id:sayanokuni:20170315003502j:image

 真紀さん(松たか子さん)の秘密が、ついに、皆にバレてしまいます。

夫さん(宮藤官九郎さん)にも、お離婚して、獄中で本当の事がわかります。

やっと気づいたんかい!!!夫さん。
f:id:sayanokuni:20170315003518j:image

「真紀ちゃんは普通の人になりたかったんだ」と。

真紀ちゃん(松たか子さん)をかばう夫さん(宮藤官九郎さん)に対して、呆れた顔で、刑事さんが突き刺します!

「そしたら、今度は真逆、夫が疾走しちゃったと、、離婚してまた振り出しにもどっちゃったと。」

本当に切ないどうしようもない終わった夫婦を描ききっていて、私、本当に切ないどうしようもない気持ちに苛まれました、、

これが、、カルテットのまた良いところなんだよなあと、余韻に浸りまして、、

 

カルテットの皆にも全ての事が明らかになり、飄々と話して別れるつもりが、言葉につまり、言えなくなり、すずめちゃん(満島ひかりさん)がその過去の話を聞くことをやめ、受け入れます。

「人を好きになるって勝手に溢れるものでしょ、溢れた物が嘘なわけないよ」

このすずめちゃん(満島ひかりさん)の台詞にグラグラきて号泣しまして、、

そうだ!!前に進んでくれと思わずにいられない!! 

f:id:sayanokuni:20170315003630j:image

最後の演奏が、また切なかった〜。

最終回で、4人の演奏最後じゃないのが、最終回リーチのこの夜に、カルテットドーナツホールの最後の演奏を設定しているこの演出がたまらなく、愛しい!!!
f:id:sayanokuni:20170315003551j:image


そして、またまた魅せてくれました!!

家森くん(高橋一生さん)の美しすぎる泣き顔!!!

「人生やり直しスイッチをもう押しません」の台詞に、心の底から頷いてしまった。
f:id:sayanokuni:20170315003639j:image

そして、最後の最後まで不思議の国のアリスちゃん(吉岡里帆さん)。

株で損失したら、猫になり、雨に濡れた犬になり、虎となって大二郎(富澤たけしさん)に迫り「ママの事愛してるんで」と一蹴り。

しかし、その現場をそのママに見られ、ノクターンのお仕事はクビに。

そして、またもや平気な笑ってない目でニコリとし、去って行かれました。

この時の、大二郎富澤たけしさん)お見事でした!!
f:id:sayanokuni:20170315003652j:image

 

そして、私も欲しいと思ってしまった!!

〈スティックボム〉という、アイスの棒ドミノ❤

アイスの棒を決められた手順で組んでいくと、蛇のうねりのような動きで、スティックが破竹の勢いで、弾け飛んでいきます!!
f:id:sayanokuni:20170315003704j:image

↓アイスの棒を集めるか、、脱毛に使用するためのスティックを買うのか(笑)

 

 

怒涛の最終回❤

一年後のそれぞれ、、これで本当にお終い。

カルテット、ドーナツホールの旋律をもう一度聴かせて欲しい🌟願いながら、一週間余韻に浸ろうと思います🌟🌟👋

f:id:sayanokuni:20170315003536j:image

【スポンサーリンク】