Welcome to the Sayanokuni★

42歳のんびり子育て、楽しみながら英才教育、気ままに私の好きを綴ったブログ★

【スポンサーリンク】

カルテット 第7話 『離婚の儀』 スイートピーの花言葉に全てを込めて、巻夫妻の恋物語後編 終わりの始まりで手に入れた友情🌟

【スポンサーリンク】

第7話 巻夫妻の恋物語後編『離婚の義』が終わりました。

真紀さん(松たか子さん)の片思いが終わりました。

 

スイートピー花言葉に全てを込めて

「ほのかな喜び」

「優しい思い出」

「永遠の喜び」

「私を忘れないで」

「別離」

「門出」

f:id:sayanokuni:20170228234325j:image

 突然の再会に、真紀さん(松たか子さん)には、全てを凌駕するほどの想いがあって、髪型を直し、ルージュを引き直す姿、すずめちゃん(満島ひかりさん)に伝えた「抱かれたいの、、」最後の告白で「好きだったよ」と、ずっとずっとずーーーーっと、幹生(宮藤官九郎さん)の事を好きで好きで好きで、本当に切なくて、私涙腺崩壊でした。

 

それに対する幹生(宮藤官九郎さん)は、最後の最後まで

「愛してるけど、好きじゃなくなった」と、本人に言いませんでした。

史上最低最悪のズルい男でしたねー。

しかも、演技でこの幹生役をしている宮藤官九郎さん、、

本当にこんな奴に見える程、駄目男ぶりがハマっていて、演技もキレキレです!!

瑛太さんが、褒める程の事はあります!!

 

なんで、出頭する前にハグしようとした!?

f:id:sayanokuni:20170228234339j:image

本当は抱かれたい気持ちをこらえて、握手にした真紀さん(松たか子さん)

感服です。

いい女すぎる!!!

f:id:sayanokuni:20170228234356j:image

一つの夫婦の恋物語は、

時間外受付で離婚届を出して、出頭を見届けて、終わりました。

しかし、真紀さん(松たか子さん)が手にした物もありました。

 

真紀さん(松たか子さん)を必死に止めようとしたすずめちゃん(満島ひかりさん)

犯人隠匿罪止めようとしました。

「こっちだって、頭から同じにおいしてるけど。行かないで、、」

 

「彼のことが好きなんだよ、ずっと変わらないまま好きなんだよ、抱かれたいの」の言葉に、、

f:id:sayanokuni:20170228234410j:image

 握りしめた手を離してしまうけれど、、

真紀さん(松たか子さん)の真っ直ぐな想いを受け止め、彼女を想い泣きながらチェロを弾きます。
f:id:sayanokuni:20170228234420j:image

これまで、すずめちゃん(満島ひかりさん)にとっては、チェロだけが家族であり友達でした。

 

真紀さん(松たか子さん)は、夫さん(宮藤官九郎さん)への想いを断ち切り、離婚をして夫婦関係を終わらせ他人となりましたが、、すずめちゃんと今までのわだかまりを乗り越えて、友達であり家族になれました。
f:id:sayanokuni:20170228234435j:image
二人が奏でるハーモニー、とても可愛くて❤

いつもこの脚本家さんの内なるメッセージは、

回りくどいようで、ダイレクトで、奥歯を少しかみしめて、ほんの少し微笑んでしまう、本当にいつも、毎回、毎回どはまりしてしまいます❤
これから、きっと3人、4人のカルテットが奏でるハーモニーが、、

きっときっと聞けます!!ように👋

 

また、一度でまとめきれなかった、面白旋律バージョンは後ほど別枠で!

 

 ↓巻夫妻の恋物語〈前編〉

sayanokuni0141.hatenablog.com

 

 ↓終盤展開予測

sayanokuni0141.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】